■お勧めセレクト



●防腐剤(パラベン)は危険?化粧品業者が本音を語る!!
びっくりしました。
添加物って何でも悪いってイメージがあるのですが、別の視点から見ると、それは必要な場合もあるってことです。
しかも、すごく身体に悪いのかと思っていたら、今はどんどん改良されていて、そんな悪いものはないってこと。(一応国の検査機関をクリアしてるんですからね)
知らずにいると、ドンドン逆のことをしているかもしれないスキンケア!
こちらの化粧品が良い悪いではなく、世間が知らない化粧業界の内側をちょろっと覗けるのが気に入っています。(笑)
1.種類にこだわらずに保湿を重視した商品を作る
2.お客さんが誤解するような商品を作らない
3.鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)を入れない
4.しっかりと防腐剤を入れる
5.キャリーオーバー成分も調べて原料を厳選する
6.石油系界面活性剤を配合せずに作る
7.たっぷりと水分を与えると同時に、その水分を維持するために良質で適度な油分を配合する
この7つのお約束の原点が知りたい方はこちらへ〜(笑)
でも、冗談抜きで、びっくりしますよ。自分の思い込みに。正しい知識は大切です。

2007年02月20日

転職と不労所得のつなぎ目

想いを溜め込む。
今の私だ。

離婚し、環境が変わり、そして今転職を目論み中。

転職しようと思ったのは、
もちろん、離婚したときから。

ホントは、不労所得の構造を作り上げて、
悠々自適に暮らすのが目標。

でもね、そんなに甘くない、やっぱ。。。

で、ステップアップとして、
IT関連の会社に転職を考えている。

自分に足りないスキルを身につけるために。

でも、子どもがいるので、寂しい思いはさせたくない。



まず、自分に余裕がないと、
廻りを幸福へと導くことができない。

余裕があって初めて、廻りに対して心遣いができる。
そんなに出来た人間じゃないから、
どうしてもまずは自分を幸福感で満たしたい。

子どもに対しても同じ。

自分の命より大切なのは間違いないけど、
でも、日常生活の中では、
自分に余裕がないから、
どうしても、はけ口となりがち。。。


一歩引いて自分のココロを見つめ直す。

想いを自分の中に溜め込んでしまっていないか。
一気にそれを放出していないか。

どうも、溜め込みすぎているみたい。

こんなときは、オモテへと出て行く。

気分転換も必要さ♪

そして、転機を自分で引き寄せる!



やると決めた、強く決めた。
まずはそこから第一歩。

追い込まれないとなかなか前進しないこの性格。
なんとかしたいけど、
これが私だ。


頂いている養育費も微々たるもの。
貯金を食いつぶしきる前に、行動を起こす。

考える前に動く。

たぶん、今の私には悩んでいるヒマはない。
ひたすら動き続けるだけ。

久々のブログ更新もその一歩。

やっぱり書かないと、
自分のオモイが溜まる一方。

吐き出す場を自ら作り、
それを文字として、改めて自分で見直すことで、
自分のココロの方向が見えてくる。

今や、ノートに書くより、
こうしてパソコンで入力する方が断然早い。

次々に沸き起こる様々な感情を、
リアルタイムで処理できるこのシステムが好きだ。




自分の子どもを幸せに出来ずに、
自分の廻りに幸福の嵐を起こすなんて、
出来るはずも無い。

大きな目標の前に、まずは身近な小さな目標から。
コツコツ着実に階段を昇ろう。


自分だけの幸せを願って動いているわけではない。
だから必ず幸せの扉は開くはず。

最終目標は定まっている。
ソコにたどり着く道筋が霧で隠れているだけ。

遠回りか、近道か、わからない。

でも、立ち止まっていたら、何も変わらない。


出来ることから地道に勧めていくだけ。
今この一瞬一瞬を精一杯生き切ることで、
次の瞬間が生まれる。

そして、一瞬に幸せを感じたなら
それを次に繋げるオモイを発し続ければいい。

オモイは必ず実現する。

過去のオモイの集大成が今の自分だから。


理想の自分を思い描いて、
ソコへ繋がる道を歩めばいい。

自分のココロにとって居心地のよいことをし続ければいい。

ちょっと踏ん張るときも必要。

ダラケていたら、それが次に繋がっていくだけだから。


じゃあ、やっぱり楽しく生きたかったら、
楽しい思いを繋ぎ続ければいいだけ。
自分のココロに従って。



ココロって、とてもキレイで透明で美しいもの。
それをどう染めるかは、
今の自分が決めていること。
ラベル:転職 不労所得
posted by Rr at 02:22| Comment(46) | TrackBack(6) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

今を生きる

なんだか、久しぶりの更新になってしまいました。
もがいてもがいて、結局は今を生きるしかないことを、再確認、してました。

こういう時、ありがたいのは、いろんな友人たちの存在。

私の多くの友人は、ミクシィで繋がっています。

中には、未だリアルでお会いした事のないヒトもいます。

それでも、いろんなあったかいコメントを頂いたり、新しい気付きのきっかけとなる日記を公開してくれたり、私の精神的な支えの一つとなっています。

実は、ちょっと前まで、ミク中でした。

今は、そこから抜け出して、いい意味でのミクシィ漬けです。

依存していた頃から脱却して、今は、馴染んでる、そんな感じです。

焦って繋がろうとしなくても、ちゃんとしっかり繋がっている実感があるから。

私は、本当にいろいろな人たちに支えられて、こうして生きています。
まさに、生かされてる!仲間と、この世界に生まれ落ちて、本当に幸せだと思います。

感謝してもしつくせない、溢れ出すいろんな思いがあります。

この恩返しができるよう、しっかりと自分の足で立ち上がらねば!と思います。

今年は、ある意味、精神的な膿を出した感じがします。
来たる年は、与えられる側から、与える側へと変身したいと思います。


なんだか、一年の締めみたいですね。
思い立ったが吉日!
早きを旨として、立ち上がる!


人気blogランキング参加中
posted by Rr at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

私のカルマ


気が付いた。

実は、自分の子を愛していないんじゃないかって事。

そして自分の事も愛していないんじゃないかって事。

離婚で環境が変わり、といっても、暮らしが二人になった以外は変化が無いのだが。
だが、それが一番の変化なのだ。

そのことが、娘に大きな影響を及ぼしている。

そして、いろいろな事で、私自身も余裕が無いのだ。

だから、余り構ってあげられない。むしろ、うっとうしい時すらある。

時々過ぎる、「産んだ事で私が縛られる」という、なんとも嫌な感情。

足手まといにしか思えない事も、ある。

私は彼女を愛しているのか?自問自答を繰り返す。

出てくる答えは、自分でも判らない。

直接的な虐待に走るような思いに駆られる事は無いのだが、コトバで、態度で、彼女をどんどん追い込んでいるような気がする。
これも、立派な精神的虐待だろう。

一番弱いトコロに、私の様々な思いをぶつけてしまっている自覚が、私にはある。

私が自分を抑え、彼女を守るべきなのに、彼女が私の思いを受け止め、私を守っている。

私は母親失格だ。

自分の事で精一杯なのだ。
彼女を相手にしていられる程の精神的余裕が無いのだ。

追い込んで、涙を浮かべた彼女を前にして、初めて我にかえる事もある。

愛って、何?

また見えなくなってきた。
私は余りに自分主義だ。

何故、この子は私を母親として選んだのだろうか?

私のカルマ〔業〕がココにあるような気がする。

多分、私に世間体を気にする、という見栄が無ければ、何をするか、わかったものじゃない。

私の今世のカルマは子育てのような気がする。

人気blogランキング参加中
ラベル:子育て
posted by Rr at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

自分が今できること

自分が今できること。

これに少しある視点を加えてみる。

それは、相手の立場。


[してあげたい事]と[してもらいたい事]って実は違うから。

これに気づかず、以前の私は、つまりは押し付けていた。

愛の押し売り、と何度かココで述べているけどね。

しかも、何度か述べている割に、
実は自分であんまりきちんと理解できていなかった。

あいも変わらず、中途半端な私。


でも、不思議と、不意に理解できるときがある。
それが今日だった、ということ。


ある瞬間に、急に考え方が転換するときがある。
私だけではないと思うけど、、、、

一つのことに考えを集中していると
急にわかってしまうことがある。

神様がやってきたって感じかも。

結局、流されずに考え続けていると道が拓けてくるという事実。

同じように、
仕事も流されずに、
自分から率先してやり続けると道が拓けてくるのだと思う。

種を撒いておく、という考え方にも繋がるかな。



だから、自分がいまできることを考えたとき、
頭では理解していた
 相手の立場を考えて実行する
という、至極簡単なことが
ようやく腑に落ちて理解できたのだ。


その結論は、
私には正直辛いけど、
相手にとってみたら、
その結論こそが私に今望んでいることだから。

その結論で
私は辛いけど
その反面、相手の役に立てるという喜びがある。
この喜びが与える愛の喜びに繋がるのだと思う。

単純明快。
赤ちゃんのお世話とおんなじ。

母は赤子が望むことをただ無心にしてあげるだけ。

そこには、
自我もよこしまな考えも
入り込む余地の無い無償の愛の世界。

一人赤子を世話していたはずなのに、
大きくなるに従って忘れていた感情。

この感情は、
人生の全てへと繋がる感情だということ。

体験済みのはずの感情を
ここしばらく忘れていた。

きっとまた忘れてもがく時もあると思う。
でも、もがく期間は確実に短くなっている。
そうやってココロにこの感情が根付いていくのだろう。

今はものすごく穏やかな気分。

悩みの根本の理解ができた瞬間だから。



やっぱり悩みって自分で作り出し、
自分でしがみつき、
自分で解決するしかないのだ、という学び。

そして、
悩みに振り回されずに、
進み続けることの大切さ。

今を生き切ることで見えてくる真実。

全て繋がっている。


どの瞬間に今が途絶えても
後悔しない道[ココロ]をみつけた。

もっとも、
霧がかかって見えなくなることもあるのだろうけど、
今は違う。

今はまっすぐ見えている。
だからこの今を継続し続けるだけ。

未来を考えすぎても行けない。
過去に囚われても行けない。
今を行くだけ。

いつでも今しかないのだから。


人気blogランキング参加中
ラベル:考え方 視点
posted by Rr at 03:57| Comment(3) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

魔がさす

何か決意すると、必ず狙ったかのように、その決意を揺るがす出来事が起こる。多分、実際狙われているのだと思う。
その決意が本気かどうか。
試されているのだと思う。

手変え品変え、いろいろな側面から切り込んでくる。

ふと我を忘れて、感情に流されてしまう事もある。

後で気付いて、訂正のしようもない時もある。

そんな時、できる事はただ一つ。
誠意と情熱を携えて心を込めて、きちんと話す事。
言い訳ではない、コトバ。

言い訳は所詮、自己弁護。
つまりは、自分中心主義。

ソコに真実の心は顕れない。
あるのは、自己愛だけ。

自分が傷付いたのと同じように、相手も傷付いている。
ソコに気が付かないと、いつまでも、自分とヒトは別物だという認識から離れられない。

実は、自分も他人も同じだっていう事。

同じように傷付き合っている。つまりは、同じ痛みを感じてしまったのだ。
プラスマイナスゼロ。
結局最初から、どちらも傷なんて付けていないという逆説的な事実。

何も失っていないし、何も手にしていないという事実。

ココに気付かずに解決しない悩みがたくさんある。
そして魔が最もさし易い悩みだと思う。


だからこそ、自分の発するコトバで相手を癒し、安心させる事は、結局自分の為にしている事と同じ。
巡り巡って自分に行き着く。
自分を癒すように、ヒトにも接すればいいだけ。

同じ事なのだから。

コレが本当に理解出来て、きちんと実践出来た時、時を越えて生きていけるのかもしれない。

過去にも未来にも縛られない真に自由な自分に。


人気blogランキング参加中
posted by Rr at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

無駄な事を削ぎ落とす

やっと戻ってきたこの感覚。
この感覚を見失って、随分もがいていた。
つまりは、執着を絶つ事。
頭では理解しているのに、自分の心をコントール出来なかった。
判っているのに出来ない自分に苛立ち、更に深みにはまる。
堂々巡りになってしまったのだ。

結局、こういう時はもがき続けるしかないのかもしれない。
腐らず、投げやりにならず、ただひたすらに今この瞬間を生ききるしかないのだ。
遠回りだけれど、一番確実な方法。

今をきちんと生きる事で、未来の自分が生きてくる。
だから、今を真面目に精一杯生き抜くしかない。

答えはソコにしかないから。

実は執着は自分が生み出している事。だから、解決方法も自分の中にしか存在しないのだ。

全て、自分の心次第。

幸せも悩みも苦しみも、全て自分の心が生み出している事。

人気blogランキング参加中
posted by Rr at 11:27| Comment(1) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

信じる事

信じるという事。
簡単に「信じてるっ」なんて言いがちだけど、信じるって、本当はすごい事。

その前に、大前提として、「自分自身を信じてるか?」と自らに問うべきだろう。

自分を信じるって、自分に自信がないとできない事。
自分に自信を持っている事は素晴らしい事。

ポジティブで明るい心があって初めて、自信が生じるきっかけが顕れる。

つまり、自分に自信があるって事は、ある意味、自分の足できちんと立っているという事。
そして、自分を律する事ができるという事。

そうやって、ようやく信じてるっ て言える資格が手に入ると思う。

自分を信じる事が出来ていない人間が、いくら人を信じてると言っても、それは所詮マヤカシだから。

自分自身を信じていない人間が信じてる事なんて、ありえないから。

結局は、出まかせになってしまう。その気がなくとも。そして、作用は自己保身にまで繋がる。
自己はとても価値があって、大切なモノだけれど、同じように、廻りのヒトにも同じ価値がある事を忘れてはいけない。
だから、自分の価値を守るために、ヒトを傷付けてはいけないのだ。

その一番大切な部分を蔑ろにして、つい簡単に口にしてしまう。

信じる事は、究極の愛なのかもしれない。


人気blogランキング参加中
posted by Rr at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

縛り合わない

判っているつもりの事って、すごくたくさんある。
その事実に気が付いていない時は、なお始末におえない。
後で気が付いて、愕然とする。

その一つがコレ。
縛っているつもりがこちらにはなくとも、相手が縛られてると感じるなら、やはり縛っているのと一緒。
縛り付けようと意図していないから、余計に質が悪い。

もう一度、自分の心を点検してみる。

一番大切なのは、自分本位になっているのでは?と疑う事。

思いの丈をぶつける事って、決して相手本位ではない。
それは自己満足の世界。

与えるようで、実は奪っていて、縛っていて、自己愛の他ならない。
情熱的とも、実は違う。

相手を思うって、つまりは相手の幸せを思う事。
相手を幸せにしてあげたいと願う純粋な思いだけが、与え切りの愛。
見返りなんて意識しないピュアな心。

好きで好きで堪らないっていう感覚も、よく判る。
けれども、その想いをひたすら相手に伝えるって、実は愛の押し売りと一緒。

押し売りって、相手が望んでいる事じゃない。自分が望んでる事。

つまり、自分本位。


情熱的っていうのも、自分で自分に酔っているような状態は、情熱的とは言わない。

情熱的って、ひたすら相手の幸せを願って、心を砕いて尽くし切る事だから。
与え切りの愛が根本にある。

全て自分は与えるだけ。

だって、自分にも愛はそこから与えられていると実感できるようになるから。

人の幸せを願う時、すごく自分の心が軽くなってると感じるから。

人の幸せを願う時、疲れるどころか元気になれるから。

不思議な作用。

パワーを使っているはずなのに、実はソコからパワーを貰っているっていう不思議な感覚。



人気blogランキング参加中
posted by Rr at 14:11| Comment(1) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

愚痴と反省

愚痴は言わない。

そう思っても、つい口をついて出てしまう。

愚痴は、思った瞬間にマイナスを発すると判っているのに。

そして、口から出た時、自分のレベルがソコに留まってしまうと判っているのに。

愚痴と反省と、勘違いしているからだろうか。

発する側は反省のつもりだったのに、受ける側が愚痴だと受ければ、やっぱり愚痴なんだと思う。

無意識のうちに、反省を装って、実は愚痴を言っているのかもしれない。

それを冷静に見極めてくれる存在ってすごく大切。

本当は自分が気付いて、自分で正すべき事だけれど、まだその段階に達していない私にとって、学ぶ事は多い。

ふと愚痴を言いたくなった時、やはり必要なのは、その現象に対する切り口の転換しかないと思う。
そして相手の立場に立つ事。
結局行き着くところは、思いやりに始まる愛の想いと学びの心。

今この嫌な現象が生じなかったら、物事の別な側面に気付かない自分があったという事。
気付いたからこそ、一つのステップを越したという事。

全て必然、全て自分自身のために起きてる事。
それって、すごく恵まれてるって感じる。

人気blogランキング参加中
posted by Rr at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

想念と変化

想念って、どんなイメージだろう。

私にとって、想念とは心そのもの。

そして、それはいつでも暖かくて情熱が溢れている。
それが理想。

でもなかなか、操り切れない。
マイナスな想いが噴出してくる。

視点を変えて、切り口を変えて、もう一度見直す事を繰り返す。

そして、自分の位置も省みる。

どの位置から、自分は見ているのだろうか、と。

いつもそこでようやく気が付く。

してもらう事ばかり考えている自分に。

何かをしていても、その行動の対価を無意識に計算している、イヤな自分。

だから、様々な行為が純粋じゃなくなる。

濁った想いで始まる行為に、相手は無意識の領域で、敏感に反応するのだ。

その積み重ねが今を決めている。そして未来も繋がる。

無意識下で感じた感覚は強烈だ。

それを取り除く事は容易ではない。

だからこそ、間違いを冒す前に、自分の想念を点検しなくてはいけないのだと思う。

自分を変えるという行為は、半端なく厳しい。
それは、価値観の変化をも伴うから。

でも、自分を変える事は自分しか出来ない事。
そしてなりたい自分になれるのも自分だけだから。


人気blogランキング参加中
ラベル:想念
posted by Rr at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。