■お勧めセレクト



●防腐剤(パラベン)は危険?化粧品業者が本音を語る!!
びっくりしました。
添加物って何でも悪いってイメージがあるのですが、別の視点から見ると、それは必要な場合もあるってことです。
しかも、すごく身体に悪いのかと思っていたら、今はどんどん改良されていて、そんな悪いものはないってこと。(一応国の検査機関をクリアしてるんですからね)
知らずにいると、ドンドン逆のことをしているかもしれないスキンケア!
こちらの化粧品が良い悪いではなく、世間が知らない化粧業界の内側をちょろっと覗けるのが気に入っています。(笑)
1.種類にこだわらずに保湿を重視した商品を作る
2.お客さんが誤解するような商品を作らない
3.鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)を入れない
4.しっかりと防腐剤を入れる
5.キャリーオーバー成分も調べて原料を厳選する
6.石油系界面活性剤を配合せずに作る
7.たっぷりと水分を与えると同時に、その水分を維持するために良質で適度な油分を配合する
この7つのお約束の原点が知りたい方はこちらへ〜(笑)
でも、冗談抜きで、びっくりしますよ。自分の思い込みに。正しい知識は大切です。

2006年10月08日

同情と愛情の間で

必死に彼を好きなんだと、自分に暗示をかけ続けていた日々。

きっと私は幸せなんだと思い込もうとしていた日々。

不思議なもので、そうやって自分の本当の気持ちを見つめることなく、自分を演じ続けていると、本当にそうなんだと思えるようになってくる。

ある種のマインドコントロールといえるのだろう。

そうなると、もう目が見えていないも同然の状態だった。

世間知らずということもあったのだろうけれど、それ以上に、私にとって初めての男性、ということが一番効いていたのだと思う。

私は、現代においては、いわば古風な考え方の持ち主といえるだろう。

結婚するまでは、身体を守りたい、そう思っていたのだから。

その考えに縛られていたゆえ、初めての男性に固執したのかもしれない。
好きか、愛があるか、そんなことを考えもせず、ただ、捧げてしまったのだから好きにならなければならない。
そう無意識に思い込んでいた。



彼を好きだという思い込みが成功した頃、私はある事実に気が付いた。

彼は、決して優れた人物ではなく、まして、普通の人間でもなかったということ。

彼は一人前に仕事をこなす人ではなかった。
でも、見栄は張りたい。お金も湯水のごとく使いたい。

でも、働きたくはない。。。


そんな彼が生活できていたのは、実家の家業を手伝っていたからだった。
だから、そこで大きな顔もでき、それなりの権力も持っていた。



そんなことに気が付いた時は、すでに手遅れだった。

だって、もう好きだと思い込んでいたから。


そんな彼を、なんとか立ち直らせようと私は必死だった。

驚くほどの多額の借金、仕事をしない怠惰な生活。。。


支えて、なんとか立ち直らせようと必死だった。

このまま、この人を放っておいたらこの人は絶対にだめになってしまう。
私がいなくなったら、きっとこの人は落ちるところまで落ちてしまう。

私は、一歩高い位置から彼を見下していた。
そう、見下していたのだ。

一方で、好きだと思い込み、一方で見下していた。
そうやって私は精神のバランスを取っていたのかもしれない。

そうしなければ、私は彼を好きでいることが出来なかったのだ。
同情という愛情でしか、彼の側に居ることが出来なかったのだ。



同情は何も産まない。
同情は所詮、同情なのだ。自分勝手な最低レベルの愛。

繋がりは、相手が自分より低いレベルに居るという状態だけ。
それでしか繋がっていられないのだ。

それは、同時にあらゆる勘違いも生じる。

そう、相手の優れた部分すら見えなくなってしまうということ。

私は全てのことで優位に立っていた。いや、立とうとしていた。



歯車は狂い始めていた。

所詮、紛い物の愛、時間の問題だった。
posted by Rr at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 元ダンナとのいきさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。