■お勧めセレクト



●防腐剤(パラベン)は危険?化粧品業者が本音を語る!!
びっくりしました。
添加物って何でも悪いってイメージがあるのですが、別の視点から見ると、それは必要な場合もあるってことです。
しかも、すごく身体に悪いのかと思っていたら、今はどんどん改良されていて、そんな悪いものはないってこと。(一応国の検査機関をクリアしてるんですからね)
知らずにいると、ドンドン逆のことをしているかもしれないスキンケア!
こちらの化粧品が良い悪いではなく、世間が知らない化粧業界の内側をちょろっと覗けるのが気に入っています。(笑)
1.種類にこだわらずに保湿を重視した商品を作る
2.お客さんが誤解するような商品を作らない
3.鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)を入れない
4.しっかりと防腐剤を入れる
5.キャリーオーバー成分も調べて原料を厳選する
6.石油系界面活性剤を配合せずに作る
7.たっぷりと水分を与えると同時に、その水分を維持するために良質で適度な油分を配合する
この7つのお約束の原点が知りたい方はこちらへ〜(笑)
でも、冗談抜きで、びっくりしますよ。自分の思い込みに。正しい知識は大切です。

2006年10月14日

子どもの存在自体が愛全て

案ずるよりも産むが易し


私の場合、字面どおりの意味ではなかった。

産んだら、子どもに目がいって、彼どころではなかったということ。
心配しなくても、彼のことで煩うことはなかったのだ。

初めての子どもだから、判らないことだらけ。
とても彼について、思い悩んでいる場合ではなかったのだ。

産後、1ヶ月で職場復帰。
おまけに、子ども付で出社していた。

子どもを背負い、電話を受け、オムツを取り替え。。。
(ちなみに布オムツで頑張りました♪)

そんな毎日に忙殺されて、彼のことなどどこかに飛んでいた。

忙しすぎる、というのも、時にはココロの休息となる。

身体はヘロヘロに疲れ果てていたが、ココロは充実していた。




私は久しぶりに、生き生きとして楽しんでいた。この生活を。
子どもの世話に忙殺されることで、考えるヒマがなかったのだから。

彼もまた、子どもが実際に目の前に現れたことで、少しずつ変わっていった。私には、そう見えていた。




日々成長していくわが子を世話しつつ、その成長の早さに目を見張りつつ、月日は過ぎていく。



子どもの存在それ自体が愛全てなのだ。



ふと、幸せってこういうことなんだろうか、そう感じたこともあった。

穏やかな日々だった。

   産んでよかった。

そう、思っていた。ココロの底からそう思った。
  それは、今では多少違う意味を含むが、
  【産んでよかった】という想いは本物だ。


まるで、陽だまりの中に佇んでいるかのような、そんな錯覚さえ覚えた。








このまま、時が止まればよかったのに。


一度目覚めた眼は、子どもの眩しさに目を眩ませていただけだった。
そう気づくのに、そんなにかからなかった。


眩しい光の中に居ても、その内に目は馴れてしまう。
はっきりそれを体感してしまったのは、子どもが満3歳を過ぎた頃だった。



何故、そうなってしまったのだろう。
彼も変わったはずなのに。

変わったはずなのに。

そう、同じように私も変わっていたのだ。
いえ、変わっていた時点へ私は戻ったのだ。


一旦交わって、寄り添って進んできた道が、また離れ始めたのだ。
時々交わりそうになりながら、それは次第に距離を置き、やがて、どうしようもない位、離れてしまった。

向いている方向が、全く異なるのだ。

もう交わりようも無いくらい、それは隔たっていた。



子どもの存在が、唯一二人をつなぐ愛となっていた。
それは、まだ子どもが小さいから繋がる愛だった。

全力で抱きついてくる子ども。
全身で親を求める子ども。

そんな姿を見ていると、私の想いに歯止めがかかったのだ。
posted by Rr at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 元ダンナとのいきさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rrさん、こんにちは☆

>子どもの存在が、唯一二人をつなぐ愛
うちはそうですよ〜〜〜
結婚して13年ぐらいになりますが。。。
もし、子供がいなかったら???
どうなってたか??? 子供が成長したら
どうなるか??? 

そんな夫婦は多いと思いますよ〜〜

応援ぽち☆
Posted by 情報起業で家族を養うぞ!【おいちゃん☆】 at 2006年10月15日 11:45
こんにちわ
さくら☆です。
訪問&コメントありがとうございますo(>▽<)o

私は子供生まれたばかり(7ヶ月)なので
前半部分すごくよくわかります。

子供がいればいいんですよね
だんなさんに構ってられません(^^;

布オムツでがんばったなんて
すごすぎますよ
私は無理。。。仕事もお休みしてるのにね
Rrさん偉いです!!

応援ポチポチッ☆
Posted by さくら☆かけだし新米ママ at 2006年10月15日 14:44
【おいちゃん☆】様
ご訪問ありがとうございます。
スタートの時点で、深い愛があって結ばれた二人でしたら、本当に子どもは素晴らしい愛の存在となるでしょうね。私もそういう愛に包まれてみたかったです。(笑)
今となっては、そういう想いも全て今の私があるために必要だったこと、そういう風に確信しています。過去の自分があって今の自分が存在するのですから、全て必然だったと思います。




さくら☆様
ご訪問ありがとうございます。
7ヶ月だと離乳食も進んで大忙しですね♪
でも、全身で求める姿を見ているだけで、疲れが吹き飛んでしまいます。
適度に休息を取りながら励んでくださいね!知らず知らずのうちに疲れが溜まりますから。

布オムツ、使ってみるとそんなに大変じゃなかったですよ〜(笑)私には、オムツの洗濯時間が一種の息抜きでした♪
Posted by Rr at 2006年10月15日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25484174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。