■お勧めセレクト



●防腐剤(パラベン)は危険?化粧品業者が本音を語る!!
びっくりしました。
添加物って何でも悪いってイメージがあるのですが、別の視点から見ると、それは必要な場合もあるってことです。
しかも、すごく身体に悪いのかと思っていたら、今はどんどん改良されていて、そんな悪いものはないってこと。(一応国の検査機関をクリアしてるんですからね)
知らずにいると、ドンドン逆のことをしているかもしれないスキンケア!
こちらの化粧品が良い悪いではなく、世間が知らない化粧業界の内側をちょろっと覗けるのが気に入っています。(笑)
1.種類にこだわらずに保湿を重視した商品を作る
2.お客さんが誤解するような商品を作らない
3.鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)を入れない
4.しっかりと防腐剤を入れる
5.キャリーオーバー成分も調べて原料を厳選する
6.石油系界面活性剤を配合せずに作る
7.たっぷりと水分を与えると同時に、その水分を維持するために良質で適度な油分を配合する
この7つのお約束の原点が知りたい方はこちらへ〜(笑)
でも、冗談抜きで、びっくりしますよ。自分の思い込みに。正しい知識は大切です。

2006年11月22日

すぐに実行できる与える愛

与える愛って、実は簡単に実践できる


それは、笑顔


いつでも、どこでも、誰にでも、
与えることができる愛


暗く沈んだ顔よりも

明るく笑った顔が好きなのは、みんなおんなじ



笑顔が辛いときも
無理やり笑顔を創ってみよう


始めは
創り笑顔でもいいんです


形から入っても
それは、やがて実となるから


顔が笑顔だと
心が沈んでいても
不思議と心に光が差してくるもの


人間、外見を元気に繕うと
中身も次第にそうなっていくんです


例えば
泣きそうな顔で、悲しそうな顔で
楽しいお話をしていてみよう

とてもできないでしょう


おんなじです

辛くても
笑顔で過ごす心がけをするだけで

心も次第に笑顔に近づいていきますから


そして
笑顔は
廻りに愛を振りまいていることとおなじ

これを
【顔施】というそうです

【顔を施す】ってなんだか不思議ですけどね
【お布施】とおんなじなんです

つまり、【笑顔】を【お布施】するって考えるとわかりやすいかもね


【お布施】ってなにも【金額】じゃないんです
【お布施】ってお寺さんにするだけじゃないんです

ただ【金額】が物差しとしてわかりやすいから
一般的に【お布施】=【お金】になっているだけ

笑顔でもボランティアでも、
他人の幸せを願う心でも、
すべて【お布施】とおんなじ

自分以外のヒトへの幸せを願う心がすべて【お布施】ですから

そして【お布施】は与える愛の一番簡単なバージョン


人気ブログランキングに参加中♪ポチっと一押しが私の活力!
posted by Rr at 16:04| Comment(1) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Rrさん、こんにちは☆

【笑顔】を【お布施】する
っていいですね。
いつも笑顔でいたいです!

応援ぽち☆
Posted by 情報起業で家族を養うぞ!【おいちゃん☆】 at 2006年11月22日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。